野球の肩や肘の痛み|城南区片江の交通事故治療ならかわづ整骨院

交通事故治療ならかわづ整骨院

0928365751

アクセス

ブログ

野球の肩や肘の痛み

ブログ 2016年12月25日

野球の肩や肘の痛みは治療が必要ないケースがほとんどです。(重症なケースを除いては)それは、フォームという部分が安定していなかったり、投げ方が悪かったりして痛みが出る事が多いからです。

肩や肘に負担のかかるスポーツの投げる動作というのは人間の構造や仕組みを知って投げないと負担が増します。実際の現場では指導者が無理な方法で投げさせている事が多々あると思います。

ボールを放る動作は体が連動して腕をしならせて動く分、伝わる力の方向が非常に大切になってきます。肩や肘という部分には下半身からのものすごい力が伝えられる伝達部分です、方向を間違うと関節に非常に負担をかけてしまう可能性が高くなります。

実際にわたしも野球をしていた経験、指導者の教え方、トレーニングと治療の勉強、フォームの勉強をしてから、わかってきたり見えてきた部分がでてきました。

自分に合った投げるフォームは、よりスポーツを楽しめる一つの要素です。肩や肘の痛みがなかなか抜けない方は、ご相談ください。

福岡市城南区

福岡大学前 かわづ整骨院