生活習慣病|城南区片江の交通事故治療ならかわづ整骨院

交通事故治療ならかわづ整骨院

0928365751

アクセス

ブログ

生活習慣病 肥満

ブログ 2016年12月26日

昭和の時代には成人病と言われていたものが生活習慣病と言われ、昔は大人になってから出てくるような症状や病気を総称していたのですが、現代になってからは若い人にも発症するようになりました。だから生活習慣病と言う名前に変わったと言われています。

主な病気としては高血圧や肥満などがメインで、そこから重度の病気である脳卒中であるとか心臓病、糖尿病なども含まれます。
肥満や高血圧を治療せずに放置していることでこれらの大きな病気につながるのです。

そもそも、肥満が原因で起こるものに関しては運動と食事でバランスをとる事さえすればいいのですが、これがなかなかできない、しない人が多いです。

そういった方の食事の割合を見てみると、炭水化物が非常に多い食事になっています。炭水化物のみが肥満の原因ではありませんがこれも一つの原因です。

日本食というのはもともと炭水化物の比率の多い食事です、しかし現代社会は昔ほど体を使う仕事がありません。そもそも体を動かすエネルギーとしての炭水化物なのに、体をあまり動かさないのに取りすぎては、肥満になる可能性がおおいにあります。

けれども、脳を使うにも糖が必要だから炭水化物をほしがります。これはしかたがありません。

バランスが崩れて肥満になっている方は、炭水化物の量などの食事の内容を見直して、走りましょう。

それができなければ、プロに相談する事が一番の近道です。健康は一日にしてならず。

お金では健康を買えませんが体への投資はできます。健康になるための知識や情報を買う事です!

先日東京に行ってきましたが、トレーナーの友人から若い人のなかにも意識が高く、高いお金を払ってでもパーソナルトレーニングを受けている人が増えてきており昔では考えられないと言っていました。

健康になるダイエット方法も変わってきている事を知らないで、そのままにしていると悪いダイエット方法にも目が行きがちです。若いみなさんも若いから大丈夫だと思っていると日に日に体を蝕んでいるかもしれませんよ。

体がだるいと言っている方、食事が原因の一つになっていますよ!それをそのまま続けいると大変な事になってしまいます!お気をつけ下さい。

福岡市城南区 かわづ整骨院